あるインターネット上のアンケートでは

実に6割の方がいじめやパワハラの経験があるそうです。

 

職場でのいじめの多くは

上司など立場が上の人から弱者への

パワーハラスメント(パワハラ)、

暴言や暴力で精神的に追い詰められるといった

ケースが多いようです

 

保育士の職場も例外ではありません

 

今回は職場でいじめやパワハラを受けている保育士の方

もし、受けてしまった時にどうするかを

事例を見ながらご紹介したいと思います。

 

保育士は人間関係が難しい職業

出典:https://www.google.co.jp/url?sa=i&source=

 

どの職業でも”人間関係”は働くうえで

とても大切な要素です。

 

仕事を続けるも辞めるも”人間関係”が重要と言っても

過言ではありません。

 

偏った見方かもしれませんが、

保育士はまだまだ女性の職場

人間関係に悩む人が多そうです。

 

離職理由で多い「いじめ・パワハラ」

出典:https://www.google.co.jp/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjdxbDo-

 

実際に離職理由の一つとして多くの方が挙げるのが

「人間関係」

もちろん人間関係にはモンスターペアレントと呼ばれる

保護者対応が理由の離職も含まれますが、

やはり職場内の人間関係悪化が原因も多数あり、

女性社会特有の「派閥」などが発生したり

お局様にいびられたりして離職せざるをえない

という声がもあるそうです。

 

たしかに、男性と違って暴力などは少なくても

陰湿ないじめや陰口は多そうですよね。

 

精神的に追い詰められる毎日を過ごしていたら

子供を保育するどころではないですよね

離職するのも頷けます

 

どのようないじめ・パワハラがあるのか

出典:https://www.google.co.jp/url?

では実際にどういったパワハラが行われているのでしょうか

いじめ・パワハラをする人

まず、いじめやパワハラをする人ですが

上司や先輩が多いです。

 

そうです”パワハラ”ですから

ある程度の立場があって、その立場を利用して行われます

 

その立場というのも様々で

一緒のクラスを担当している上司から

な、なんと園長先生からパワハラを受けたという話も

園長先生自らそういうことをするなんて

その保育園全体の質を疑ってしまいますよね

 

パワハラの実態

いじめと似ていますがパワハラの特徴として

個人の能力を否定したり、

できたことよりも小さなミスの揚げ足をとって

文句をつけてくる等があります。

 

特に上司からのパワハラは直接評価にもつながり

正当な評価をして貰えないと嘆く被害者の方も多いです。

 

そのほかに自分の仕事のやり方を無理やり押しつけたり、

人格そのものを否定する

仕事の責任を負わせたりするような事が

パワハラとして起こっているのです

 

一緒のクラスの担当となった先輩が

毎日何かと難癖をつけて文句ばかりで

責任も自分に押し付けてくる人だったら…

想像するだけでとてもやっていけないですよね。

 

いじめ・パワハラが耐えれない人はどうするべき?

出典:https://www.google.co.jp/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwif2p2i-

もしいじめやパワハラにあったとき

その行為にとてもじゃないけど耐えられないとき

どうすればよいでしょうか。

対処法をいくつか考えてみます。

①相談相手をつくる

いじめやパワハラを受けたとき

あなた一人で抱えこんでしまってないでしょうか

だれでも精神的に追い詰められると

自分の殻に閉じこもってしまいがちになります。

 

パワハラが個人からなら

職場の同僚や別の先輩に相談して

職場内に少しでも味方を増やすのも大切です

「あの人はわかってくれている」と思うだけで

気分もだいぶ変わるはずです

 

もし、職場内で相談が難しい状況であれば

家族または友人でも構わないと思います

一人では辛いことも他の人と共有して

ストレスを必要以上に溜めないことも大切です。

 

②直接相手と話す

これはなかなか難しいと思いますが

解決の手段としては全くないこともありません

 

そもそもなぜ自分に対してあたりがキツイのか

自分が何か悪いことをしたのか

直接疑問をぶつけてみると、

もしかしたら思わぬ理由が帰ってくるかもしれません

 

そもそも人間関係は些細な事が原因で拗たりするもので

以外にあっさり解決することも経験あるのではないでしょうか。

 

中にはとても話し合いの場に立てる状況じゃない場合も

当然あると思いますので、行うときはくれぐれも慎重に。

 

③転職する

そんな嫌な職場は辞めてしまって転職する!

当然これはありだと思います。

 

いつまでもストレスのある職場で働き続けるのも

心身ともにとても疲弊しますし

新しい職場に行ってしまえば

それまでの人間関係もリセットされますから。

 

子供が好きで保育士になって

保育士自体を辞めてしまうのはもったいないですので

ぜひ転園を考えてください。

 

今は保育士不足で保育士は引く手あまた

こういう状況を利用しない手はないと思います。

 

結び

どこの職場でもある、いじめやパワハラ

保育士の職場でも当然あることで

そのせいで多くの方が離職に追い込まれているのも事実です

 

この記事をみているあなたが

もし、いじめやパワハラを受けていたら

精神的に追い詰められていたら

辞めるのが正解!と思って

今の職場を辞めることを考えてみてはいかがでしょうか