仕事

保育士が年度途中で退職するための流れや辞める前にするべき事は?

保護者とのコミュニケーションや
園内の人間関係など、精神的な負担が
生じやすい保育士のお仕事。それでも、

「担任を持っているから仕方ない」
「子ども達に迷惑はかけられない」

そう思って我慢している人も
多いのではないでしょうか?

もちろん、保育士は子どもたちの
生活を預かる責任あるお仕事です。

ですが、その想いが強い人ほど、
体や心にダメージを負ってしまうことが
多いお仕事でもあります。

保育士だって社会人。一般企業同様、
途中に辞めてはいけないという
ルールはなく、転職そのものは社会で
広く認知されつつあります。

自分らしい人生を生きるための選択肢の
一つとして、今回は保育士の途中退職に
ついて紹介します!

年度途中でやめるのはNG?

保育士の仕事が一般企業と異なる点は、
「一年単位でカリキュラムや人間関係が
決まっている」ということです。

一般企業でももちろん年間計画などは
ありますが、関わる人間関係すべてが
ほとんど決まっている、ということは
そう多くないでしょう。

保育士の場合、子どもたちはもちろん
その保護者、サポートする同僚も含めた
職場環境に大きな変更はありません。

それゆえに、一度負担を感じたら
なかなか抜け出せず不のスパイラルに陥る、
ということもしばしば。

耐え切れなくなって「辞めてやる!」
と思っても、子どもたちのことを思うと
なかなか一歩が踏み出せない、
という話も保育士あるあるなのではないでしょうか。

ですが、ここで一つ知って欲しいのが、
保育園も一つの会社であるということです。

あなたが辞めても、その代わりは
誰かがやってくれます。しかし、
あなたの人生はあなただけのもの。

長い将来を考えた時に、
「退職」という選択肢を消す必要はない
と私は思っています。

とは言うものの、どうせ辞めるなら
少しでも気持ちよく園を去りたい
ものですね。園にとっても、
自分にとっても一番良い形が何か、
しっかりイメージをしておきましょう。

どうしても辞めたい!その時はどうしたらいいの?

ここまで読んで、「よし、覚悟ができた!」
という人は少ないでしょう。
ここからは、具体的な退職の手順に
ついて説明していきます。

1.退職の意思を伝える

いきなり園長先生に「辞めます!」と
伝えるのはNG!まずは主任の先生など、
身近な上長に相談しましょう。

上長との人間関係で悩んでいる場合は、
直接園長でもOKですが、退職後に
一番負担をかけてしまう上長へ先に
伝えておくことが、後の引き継ぎを
円滑に進めることに繋がります。

また、法律上「退職届を提出してから
14日で退職することが可能」と
されていますが、基本的には
園のルールに従いましょう。

どの園でも、人材不足が課題と
なっている保育業界です。
子どもたちの生活に負担を与えない
よう、退職したい2、3か月前には
上長に伝えておけるとよいですね。

2.引継ぎ

 

退職が認められたあとは、
引き継ぎ準備に尽力しましょう。

子どもたちはもちろん、
他の保育士や職員にかかる負担が
できるだけ少なくなるよう
努めることが大切です。

子どもと向き合ってきた時間の中
には、あなたしか知らない情報が
たくさんあります。

ノートなどに、
子ども一人ひとりの様子をしっかり
書き残しておきましょう。

どものことはもちろんですが、保護者の
様子なども合わせて記載しておくと、
後任の先生の助けになるでしょう。

3.保護者への報告

保護者への報告は、しっかり園長と
相談した後に行いましょう。

退職時期や理由によって、保護者の
受け取り方は大きく変わってきます。

園やあなた自身にとってマイナスな
イメージにならないよう、
しっかり相談して決めていきましょう。
一般的には、懇談会の場やクラスだより
での報告が多いようです。

・辞める前にすべきことは?

具体的な行動について説明したところで、
次はやめる前にしておくべきことを
考えてみましょう。

ポイントは
「辞めた後のことを考える」ということ。
二つの観点から、しっかり考えていきましょう。

次の就職先を考える。

「辞めた後もすぐ働きたい。」
「少し休んでから次の職場を探したい。」

どちらの場合でも、まずは転職サイトへの
登録をおすすめします。

一大決心をして告げた退職。
近年転職が当たり前になっている
風潮はあるものの、できることなら
同じ思いは二度としたくないはず。

次の就職は、しっかり事前に調べて
失敗のないように行いましょう。

転職サイトはお給料や園の雰囲気が
比較できるのはもちろん、希望者には
エージェントが割り当てられ、
就職先を比較検討してくれるサイトも
増えてきています。

登録無料サイトがほとんどなので、退職を
考えたタイミングで一度内容を
見てみるとよいでしょう。

退職時に返却するもの、受け取るものを把握する

退職するということは、その園の
一員でなくなるということ。

後々のトラブルを避けるため、
返却が必要なものとそうでないものは
必ず確認しておきましょう。

また、転職時に必要な書類があるので、
必ず受け取るようにもしてくださいね。

返却が必要なもの

①健康保険証
転職先が決まっている場合は転職先で
新たに保険に加入しますが、
そうでない場合はいったん保険に
入っていない状態になります。
ご自身で国民保健加入の手続きをする
か、ご家族の保険に加入するなどの
手続きが必要となります。

②社員証
その園で働くために交付された社員証
やIDカードがあれば、忘れずに
返却しましょう。

③備品
保育士でよくあるのが、ハサミや
画用紙などの文房具などの備品を
借りたまま退職してしまうこと。
これが大きな問題につながる可能性は
低いですが、気持ちよく退職するため
借りたものはきちんと返却しておきたいですね。

退職時に受け取る書類

雇用保険被保険者証
雇用保険に入っていたこと、すなわち
以前就職していたことを証明する書類
です。転職先が決まった先に、
雇用保険の受給手続きで必要となります。

②年金手帳
こちらも転職先に提出が求められる
ので、必ず受け取っておきましょう。

③源泉徴収票
退職した年の確定申告は、自分で
実施する必要があります。
その際に必要となる書類です。
(転職先によっては、転職前の給与も
合わせて手続してくれるところもあります。)

④離職票
退職後、すぐには就職せずに失業手当
を受給したい場合に必要な書類です。
退職後10日以内に交付されるため、
郵送で届くものとなります。

結び

今回は、保育士が年度内に退職する
ための情報を纏めました。
今の時代、保育士でも年度内の退職、
転職はそう珍しいものではありません。
しかし、考えなしに退職することは、
あなたにとっても、周囲にとっても
マイナスな面が多いということを
お分かりいただけたのではないでしょうか?

退職は、人生の大きな転機になります。
転職・転園先をしっかり考えて、
自分だけの人生を突き進んでいきましょう!