保育士の大きな悩みのひとつ

 

給料が安い

 

保育士の悩みで毎回上位に来る

シンプルでとても大きな問題ですよね

 

その大きな悩みを解決するために「副業」をやってみようかな

と考えたことのある保育士の方はたくさんいると思います

 

今回は副業について纏めてみました

副業を考えている保育士の方、必見です!

保育士は副業は禁止?

出典:https://www.google.co.jp/url?

 

保育士の副業は禁止されているのでしょうか?

とても気になりますよね。

「副業」をするに当たっての規則は

保育士にかかわらず一般的な職種にも当てはまります。

 

公立の保育士の方は副業NG

公立の保育士の方は残念ながら副業できません

なぜなら公立の保育士は”公務員”だからです。

これは法律によって副業の禁止が定められています

 

民営の保育士の方の副業は勤め先による

これは一般企業と同じで

保育園ごとの就業規則を確認してみてください

保育園によっては副業を禁止しているところもあります。

 

ただ、最近の保育園では週休を3日にして

休みの一日で副業をすることを従業員に

勧めるという保育園もあるそうです。

 

世の中の”働き方改革”という流れで

一般企業でも副業を認めようとする動きが多い中

保育園でも副業をOKとするところは今後増えるのではないでしょうか

 

保育士で出来る副業あるの?

出典:https://www.google.co.jp/url?

 

次に保育士でできる副業について見ていきます

「保育士でできる副業」と言っても

保育士だからと言って副業に制限はないので

ダブルワークをしやすい副業を見ていきたいと思います。

コンビニ

まず定番はコンビニ

よく求人には「短時間勤務」「週1、2でもOK」など

比較的融通が利く場合が多いです。

 

実際に副業している方は勤務前後など

早朝・深夜を中心に行っているのではないでしょうか?

 

早朝や深夜は時給も割増しになりますし

週に1,2回でも数時間働けば

月に数万円は稼げる見込みです

 

パソコンあればOKの副業

近年、クラウドソーシング系のサイトがとても充実してきました

「クラウドソーシング」「副業」と検索すれば

たくさん出てくると思います。

 

ちょっとしたPCスキルがあればできる仕事も多いですし

毎日数時間とれれば月に数万円稼ぐということも

ただ、案件によって金額は違うので

確実に収入が入るかどうかは本人の努力次第になります。

 

ベビーシッター

保育士の副業としておススメなのが「ベビーシッター」

保育士の能力をフルに活かせるのが魅力です

副業をやっている保育士の方で

ベビーシッターをやっている方は多いのではないでしょうか

 

調べるとベビーシッターの副業方法も様々で

・企業にベビーシッター登録をして行う

・知人に声をかけて自主的に行う

などの方法で行っています。

 

ベビーシッター登録を行える企業は探せばたくさん出てきます

企業ごとに単価が違ってきますので

あなたの望む条件にあった企業で登録しましょう

 

また、個人でベビーシッターを行う場合は

もし事故があった場合の保険に入っておくことをおススメします

「知人の子供を預かるだけ」と容易に考えず万が一ことは

しっかりと対応できるようにしておきましょう

 

いずれにせよ保育士の経験をそのまま活かせる

ベビーシッターはとても魅力がありますよね

 

ここまで保育士の方でもできる副業を見てきました。

たしかに副業をして月に数万円稼げるのは魅力的ですよね。

ただし、その分の時間がとられたり肉体的に負担が来るのは覚悟しましょう。

 

副業は無理なくバランスよくできる仕事を選ぶのがベストです。

本業にしわ寄せがきたら本末転倒となります。

年収に不満ある人はどうする

出典:https://www.google.co.jp/url?

 

隙間時間を利用して副業をしたけど

それでも今の年収に不満がある人もいると思います

 

もっと年収上げようと副業を増やすには時間も肉体的にもきつい。。。

そういう方は思い切って転職することもおススメします。

 

昨今の保育士不足で保育士は引く手あまたです

求人を見ると今より条件の良い職場はたくさん見つかるのではないでしょうか

もともと収入を増やしたいと副業を始めたのであれば

働く時間が今までと同じで無理なく収入が増えるのであれば

これほど良いことはないですよね。

 

最後に、転職する際の注意点としては

求人の条件と実際働き始めた時のギャップです

・思っていたより仕事量が多く持ち帰りも多かった

・労働条件が求人と違う

などよくある話です。

 

そのリスクを避けるために、信頼できる転職サイトなどに相談して

自分ひとりだけでなく、第三者を入れて転職を進めましょう。