仕事

卒園のメッセージを先生から子供へ送ろう!喜んでもらうための例文は?

 

卒園の時期が近付くと卒園の準備が忙しくなると
準備とともに卒園する子ども達一人ひとりの
成長と懐かしい思い出もよみがえってきます。

 

保育園は子どもたちにとっては
第二のわが家先生やお友達と過ごした日々
とても大切な思い出です。

 

保育士にとっても子供たちにとっても
思い出がいっぱいの保育園生活別れは
寂しいですが、最後に残る思い出として
卒園する子どもたちに向けてメッセージを送ってみてはいかがでしょうか?

 

今回は感動の卒園式に彩を添える

メッセージカードの作り方や例文をご紹介いたします。

卒園のメッセージの注意点は?


出典:https://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http%3A%2F%2Fmama-search.com%2Fwp-

卒園する子どもたちへメッセージカードを
送る際の注意点を挙げてみました

注意点

ひらがなで記載する

メッセージはひらがなで書きましょう。

簡単な漢字やカタカナを混ぜても
お子様によっては読めるかもしれませんが
子どもたち同士で見せ合う場合もあるかも
しれないのでひらがなで統一したほうが良いと思います。

ひらがなが続く文は読みづらいので
少し間をあけつつ書くと読みやすい文章になります

②色や太字を使う

メッセージの中で特に伝えたいことに
色を付けたりペンを変えて太字にしたりアクセントをつける
メッセージカードに華があってよいと思います

 

絵やかわいいイラストも入れたりすると
より心がこもったカードになるかもしれませんね。

③長すぎない=簡潔な文章

送る相手は子どもたちですから
文章は短く簡潔に、長すぎないことも大切です。

伝えたいことをまとめて書きましょう

④ひとりひとりに向けて

卒園児が多い場合は準備期間は
長めにとって一人一人に向けて
気持ちのこもったメッセージを書いてあげてください。

送る側としては園児の人数が多いと
つい手抜きもしがちですが子どもたちから見ると
”あなたから貰ったメッセージ”です。

子供が喜んでくれる例文は?

出典:https://www.google.co.jp/url?

次に子ども達が喜んでくれるメッセージに
するためにいくつか文章を考えたいと思います。

①具体的なエピソードを盛り込む

担任のあなただから記載できる
エピソードはたくさんあるはずです

今まで体験してきたことを思い出して
できるだけ具体的に記載していきましょう。

  • 鉄棒ができるようになった
  • 身長が大きくなった
  • 発表会の練習を頑張っていた

それまで記憶に残ったエピソードを箇条書きにしてみると書きやすいです

②その子の特徴を表す

あなたが見てきた子ども達は
ひとりひとり個性があります。

いつも笑顔の子なら「いつもニコニコしていて~」

など、その子の特徴を盛り込んだ
文章にすると子ども達も嬉しいと思います。

書きかたと例文

今までの成長は振り返って一人一人のエピソードは思いついたけど
文章にするのは難しい…という方も多いはず。

そんなあなたのために具体的な記載例をご紹介します

短めの文(100字以内)

では先ずは短い文を紹介します!

「そつえんおめでとう!やさしくていつもげんきな〇〇くん、
とてもすてきでした。
しょうがくせいになっても げんきいっぱいですごしてね!いちねんかんありがとう。」

「〇〇ちゃん、そつえんおめでとう!
うんどうかいやはっぴょうかい、
いつもいっしょうけんめいがんばっていたね!
しょうがくせいになっても 〇〇ちゃんのせいちょうを、
とてもたのしみにしています。」

少し長めの文章(100~200)

次は少し長めに例文を紹介します!

「そつえんおめでとう。がんばりやさんの〇〇くん。
てつぼうやかけっこ うんどうかい はっぴょうかい
〇〇くんは どんなことも いっしょうけんめいやりきっていたね
しょうがっこうでも いろいろなことにちゃれんじしてね!
おうえんしています」

文章最初は「そつえんおめでとう」か
「〇〇くん、そつえんおめでとう」を書くなど
文章はいくつかパターンを用意しておくと書きやすいと思います。

”しょうがっこう”や”いちねんせい”
という単語も入れると
卒園してからの期待が出ると思います。

また、短い文章だとワンパターンになりがちなので、
子ども達ひとりひとりの具体的なエピソードを盛り込むと
少し長めの文章(100~200文字)が目安になりそうです。

結び

出典:https://www.google.co.jp/imgres?imgurl=https%3A%2F%2F3.bp.blogspot.com%2F-

いかがでしたでしょうか

今回はわかりやすくメッセージカードにしました。
文章が苦手な方もたくさんいると思いますが

  • 「感動する文章を書かないと」
  • 「心に残る文章にしないと」

と難しく考えないでください子ども達を想いながら作ったメッセージはきっと伝わるはず
それに、あなたと保育園で過ごした日々はメッセージカード以外でもすでに大切な思い出になっています。
あなたなりの言葉で子どもたちに向けてメッセージを送ってください。