ずいぶん寒くなってきましたね~。

 

クラスの子ども達の様子を中心に書く

クラスだよりの発送も

残り2か月になりました。

 

書類関係の仕事は

書きたい内容がうまくまとまらず

上司からOKが出ないことも

よくありますよね・・・

上司の好む文章というのもありますしね。

 

クラスだよりの作成に関して

頭を抱えている方の

少しでも参考になれば良いなと思い

今月もご紹介させていただきます。

 

2月の園だよりの季節感のある挨拶は?

 

出典元:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTAixMMO_Mp7ccB4HqOzfzmldyZXxq0Rg7e03FNyG7Mq7fUbTF9xw

 

2月はといえば、やはり寒さですね!

 

書き出しの文章も

冬の寒さがメインになってくると思います。

 

それでは、例をご紹介いたします。

 

〇大人は戸外に出るのがおっくうでも

子ども達にはおかまいなし。

友達と一緒に鬼ごっこや縄跳びなど

元気いっぱい遊んでいます。

 

〇寒さと乾燥が

厳しい季節がやってきました。

風やインフルエンザが流行しないよう

室内でも加湿器が欠かせません。

子どもたちと

手洗いうがいを徹底して行い

風邪予防に努めたいと思います。

 

〇厳しい寒さが続いていますね。

園庭ではバケツの水が氷ったり

遊具に霜が降りて濡れたり

自然のいたずらが

いたるところで発生しています。

子ども達と

今の季節ならではの自然

を大切にしながら

遊びに発展させていこうと思います。

 

〇空から降る雪。

ちらちら踊って、

くるくる回っている様子を見ながら

子ども達は「雪合戦する?」

「雪だるまを作ろうよ」などと

遊ぶ計画を友達と楽しそうにしています。

 

〇園庭に雪が降る様子を見て

「みてみて!雪だよ」

と声を上げて喜ぶ子ども達。

寒さなんてへっちゃらで

雪の上を歩いたり触ったり

自然に親しんで過ごしています。

 

〇立春を迎えたとはいえ

例年よりも寒い日が続いていますね。

早く暖かい日が来るのが待ち遠しいです。

 

〇寒さの厳しい日が続いていますね。

大人も子ども室内にこもって遊びがちですが、

寒さに負けない元気な体を作るには

戸外で遊ぶのが1番です

マラソンや鬼ごっこ、なわとびなど

天気の良い日には

戸外遊びに誘っていこうと思います。

 

など“寒い”だけではなく

寒いからどうするのかなどを記載すると

より良い文章になると思います

2月の園だよりの内容はどうする?

 

出典元:https://www.google.co.jp/url?

 

やはり、節分でしょう!

そして、発表会ですかね。

 

節分のイベントは

各園によって様々ですが

お面や豆入れ、新聞豆など

何かは制作を行うと思います。

 

制作過程の出来事や

節分当日の様子を記事にしてみましょう

 

≪鬼のお面づくり≫3歳児

自分で好きな色の画用紙を選び

ハサミを使って鬼の顔を切っていきます。

 

1年間通してハサミの技術も上達

カーブもきれいに切れるようになってきました。

 

髪の毛も毛糸やテープ、画用紙など

いろいろな素材で作成し、

個性豊かな鬼のお面の完成です!

 

≪鬼のお面づくり≫5歳児

年長児にもなると鬼のお面がどんなものか

しっかりイメージが出来ています。

 

制作コーナーには画用紙や空き箱

毛糸やマジックなどいろいろな材料が置いてあります。

 

今年の鬼のお面は自分で好きな材料を選び

自由に制作することにしました。

 

大きくて強そうな鬼や

かわいらしい鬼

角がたくさん生えている鬼

友達とおそろいの鬼など

とてもユニークに仕上がっていますよ。

 

≪節分当日≫

節分に向けて新聞紙で豆を作り

鬼はそと、福はうち」と

投げる練習をしてきた子ども達。

 

そして、

自分の中のどんな鬼を退治するのか

事前に話し合いました。

すると、泣き虫鬼おこりんぼう鬼

いじわる鬼など

いろいろな鬼が出てきましましたが、

子ども達の中で1番多かったのは

なんと

“お片付けしない鬼!!”

 

この鬼を退治すると

おもちゃを片付けるようになるそうですよ。

 

節分の日に

おもちゃをお片付けしない鬼を

みんなでやっつけましたので

ご家庭でもお片付けをしないときは

園で退治したことを聞いてみてください!(笑)

 

など、月齢に合わせた内容の制作や

クラスでの会話、活動など

エピソードを入れて

記載してみてはいかがでしょうか?

 

〇発表会

園によっては2月にお遊戯会

音楽会などを行うところもありますよね。

そちらの内容も練習過程を大切にしながら

記事にすると良いと思います。

 

2月の園だよりの内容を充実させるには?

 

出典元:https://www.google.co.jp/imgres?imgurl=https%3A%2F%2Fwww.sozai-library.com%2Fwp-content%2Fuploads%2F2017%2F08%2Ffuukei_snow_winter_11823-

 

まずは、

2月ならではの遊びを

記載してみてはいかがでしょうか?

 

私が働いていた時に

実際に子ども達と行った

“氷づくり”についてご紹介します。

 

≪自然を使って氷づくり≫

朝晩の気温がぐっと下がり

登園すると

バケツや水たまりの水が凍っている

ことも良くあります。

 

それを発見した子どもたちは

どうして水が氷になるのか

不思議そうにしていました。

 

氷になる日もありますし、

ならない日もあります。

 

そんな不思議を体験しようと

子ども達と一緒に

降園するときに

バケツやカップに

水や花びらを入れたりして

どうしたら氷になるのか

何度か実験をしました。

 

水の量が多いと氷にならなかったり

容器が違うと氷にならなかったりと

いろいろな発見をしています。

 

プラスチックの容器よりも

ステンレスやアルミの方が

氷になることにも気づいたようです。

 

遊びながら科学の不思議について

子どもたちなりに学んでいます。

 

ご家庭でも子ども達と一緒に

遊んでみてはいかがでしょうか?

 

明日になるのが楽しみになりますよ。

 

など、

2月の寒さを利用した遊びなどをご紹介し

子ども達の様子も記載する

内容がぐっと濃くなって

読んでいる保護者の方に

園での学びも伝えることができ

園や先生への信頼度が増すと思います。

 

また、残り少ない日数を

異年齢での活動している様子も

記載してみてはいかがでしょうか?

 

≪異年齢で遊びました≫

年長児はもうすぐ卒園ですね。

 

他学年の子ども達も進級を控え、

4月には新しい友達がたくさん入園してきます。

 

残り少ない日々ですので

5歳児と散歩に出かけたり

一緒に園庭で遊んだり

触れ合う機会をたくさん設けています。

 

5歳児に

遊びやおもちゃの片付けの場所を

教えてもらったり

優しく手をつないでもらったり

クラスの子ども達も大きな刺激を受けています。

 

小さなクラスの子ども達は

優しくしてもらった気持ちを忘れずに

進級したときに新しい友達に

優しく接することができたらいいなと思っています。

 

5歳児にとっては

小さな子とのかかわりと通して

思いやりの心が育つといいなと思います。

 

まとめ

 

出典元:https://www.google.co.jp/imgres?

 

4月に担任として子ども達の前に立ってから

11か月が経過しそうですね。

 

毎日の積み重ねや

いろいろな行事を通して

子ども達や保護者とも

信頼関係が築けていると思います。

 

2月は寒さや節分をメインに

遊びの紹介やその遊びや活動を通して

子ども達の育ち

お知らせしてみてはいかがでしょうか?