前回、12月のクラスだよりの書き方を

ご紹介させていただきましたが

いかがでしたでしょうか?

 

クラス担任を任されると

自分の受け持ちの子ども達がいる嬉しさと

仕事の充実感や達成感はありますが

その分、仕事に対する責任感もでてきます。

 

事務作業も多く

毎月クラスだよりを作成するのは

本当に大変な作業ですよね。

 

なので、今回は1月バージョン

いくつか参考なればと思い

私の勝手な意見をご紹介させていただきます。

 

1月の園だよりの季節感のある挨拶は?

 

出典元:https://www.google.co.jp/imgres?8

 

1月といえば、

年末年始の内容

新年のあいさつ

3学期が始まったことに対するコメント

などが思い浮かびますね。

 

では

いくつか例文をご紹介させていただきます。

 

 

〇あけましておめでとうございます。

子ども達と元気に新年の挨拶をすませ、

みんなでどこに行ったのか

どんなふうに過ごしたのか

など、冬休みの思い出を話し合っています

 

〇お正月の空は澄み渡り、

新年の幕開けにふさわしい

すがすがしい天気が続いていますね。

子ども達からは

冬休みに行った場所や会った人

もらったプレゼントなど

あふれるように楽しかったお話が

出てきています

 

 

〇あけましておめでとうございます。

お正月が明けて久しぶりの登園。

泣かずに友達を見つけて

元気いっぱい遊んでいる姿を見ると、

「みんな大きく成長したなぁ」

しみじみ実感しました。

 

〇いよいよ3学期が始まりました。

今年度も残り少ないですが、

子ども達とできるだけ戸外で

元気いっぱい遊びたいと思っています。

寒いからといって厚着をしていると

かえって汗をかき体が冷えてしまいます。

子どもの衣服は大人の1枚少な目

と言われています。

衣服の調節をしながら遊ぶ予定ですので

脱ぎ着しやすい服装を持たせてください

 

〇新しい年を迎え子ども達の気持ちは

『進級・進学』へさらに近づいてきました。

〇〇組で過ごすのもあと3か月です。

残り少ない日々を

大切に過ごしていきたいと思っています。

 

〇寒さをものともせず、園庭に飛び出す子ども達。

白い息を吐きながら遊ぶ子どもたちを見ていると

友達と遊ぶことが何よりも楽しいんだな

という気持ちが伝わってきます。

 

〇あけましておめでとうございます。

園内では、こままわしやかるた

すごろく、はねつきなど

お正月遊びが盛り上がっています。

 

〇『1年の計は元旦にあり』

という言葉があるように

子ども達にも始業式の日に一人一人

『今年頑張りたいこと』を考えてもらいました。

夢いっぱいの目標に向けて

毎日頑張っていきたいと思います。

 

 

など、年明けの子ども達の様子も交えながら

新年の挨拶などをすると良いかもしれませんね。

 

 

1月の園だよりの内容は?

 

出典元:https://www.google.co.jp/imgres?

 

1月のクラスだよりは

12月に行われた行事の報告と

1月に行う遊びがメイン記事になると思います。

 

12月のイベントといえば

〇発表会

〇クリスマス会

などでしょうか?

 

発表会については

本番は保護者の方も見ているので

様子は分かっていると思います。

 

子ども達の頑張っている様子や

工夫している点

友達と協力している姿など

それまでの過程において

保護者に伝えたいメッセージを記載すると

保護者の方も喜ばれます。

 

また、クリスマスにむけて

各自、サンタクロースにお手紙を書きました。

 

クリスマス会でサンタさんとお話をするために

英語の歌を歌ったり

質問を考えたりしました

 

など、クリスマス関連のことを

記事にするのも良いですね。

 

そして

1月といえばやはり

お正月遊びでしょう。

 

お正月遊びは本当に奥が深く

子ども達の発達を

遊びながら促すことができます。

 

≪年賀状ごっこ≫

お正月に年賀状をやり取りすることから

園でもポストを作成し

年賀状ごっこを楽しんでいます。

 

誰にお手紙を書くのか

どんな内容にするのか

誰がお手紙を書いたのか

など、必然的に文字を書く機会が増えます。

あいうえお表などを利用して

遊びながら文字を学んでいることを伝えましょう。

 

そして、ポストに入った年賀状を

郵便屋さんとなって

配達していることも伝えましょう。

 

年中児・年長児になると

宛名が読めるようになってきて

間違えすに配達できるようになってきます。

書くだけではなく読む練習にもなります。

 

≪かるた≫

お正月遊びの伝承遊びでもある“かるた”も

文字に興味を持ち始めた子ども達にとって

とても人気のある遊びです。

 

耳で聞く読み札の内容で

取り札を探してとる

 

そして、取った枚数を

友達と競い合うというゲーム性も

盛り上げる一つの要因となっています。

 

子ども達は記憶力抜群ですから

何度も繰り返すうちに

読み札の内容まで

暗記する子も少なくありません。

 

また、未満児さんにも

イラストを使って

かるた遊びのような遊びをすることができます。

 

スイカのイラストに対して

「緑と黒のしましま模様、これなーんだ」

とクイズ形式にしても良いですし、

「スイカを探しましょう」

とストレートに言っても良いでしょう。

 

月齢に合わせて

ルールを変えて遊ぶのも楽しいと思います。

 

≪たこあげ≫

園庭では

オリジナルたこあげを

楽しむ子どもたちがたくさんいます。

ビニール袋で簡易的なものから

竹ひごなどを使って本格的なものまで

いろいろな素材を使って

たこづくり・たこあげに夢中になっています。

高く飛ばすには風も必要ですし

友達が手伝ってくれる場合もあります。

友達とのかかわりも持て、

自然を感じながら遊んでいます。

 

こま、かるた、すごろく

年賀状、はねつき、たこあげ

など、伝統的なお正月遊び

文字や数字、聞く力に集中力、

自然や友達と関わって遊ぶことができ

ちょっとしたコツが必要なものもあり

味のある遊びばかりです。

 

クラスの子ども達と遊ぶ中で

ぜひ取り入れたい遊びです。

 

普段遊んでいるだけですが、

『こういった遊びをすると、

 この部分が育ちますよ』

と見方を変えて

お知らせしてみてはいかがでしょうか?

 

保護者の方も

そのような視点で遊びを見ていないので

とても参考になり

子どもたちと一緒に遊ぶ中で

先生も保護者も少しでも意識していただければ

子どもたちの発達がさらに良くなると思います。

 

1月の園だよりの内容を充実させるには?

 

出典元:https://www.google.co.jp/imgres?imgurl=https%3A%2F%2Fimg04.ti-

 

1月の行事やプチ情報を

入れてみてはいかがでしょうか?

 

≪七草がゆ≫

せり・すずな・こぎょう・ほこべら

ほとけざ・すずな・すずしろ

 

これらの七草を入れ1月7日に食べるのが

“七草がゆ”です。

 

江戸時代からの風習で

早春に芽吹くことから

邪気を払い無病息災を祈って

食べられてきました。

 

日本のハーブともいわれ

ビタミンやミネラルを含み

消化を助けてくれます。

 

お正月に食べ過ぎて疲れた胃腸の回復に

ちょうど良い食べ物ですね。

 

最近では七草の名前も分からない方が増えています。

 

伝統食でもありますので、

これを機会に子どもと調べ、

一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

 

≪鏡開き≫

鏡もちは古鏡(昔の鏡)に

形が似ていることから

その名前がついたといわれ、

円満や清純、潔白の心を表しています。

 

1年の幸せをもたらす

年神様へのお供え物としても飾り、

1月11日の鏡開きで

年神様の力が宿った鏡餅を

木づちで割って食べることで

家族の健康と長寿を願うとされています。

 

これはもともと武家の風習で

おもちを鎧などの前にお供えして

家の繁栄を願い、

お正月にお雑煮やおしるこなどにして

食べたことからともいわれています。

 

お餅を喉につまらせないように

注意を促す文章も良いと思います。

 

お餅を食べる機会が増えるこの季節。

 

子ども達がお餅をのどに詰まらせ

窒息事故にならないよう

注意をする必要があります。

 

食べる前に水や汁物を飲んで口の中を潤し

滑りをよくする必要がありますが

まずは、小さいサイズにすることですよね。

 

心配な方はお餅の代用として

白玉団子を作るのはいかがですか?

 

白玉粉と豆腐を1:1の割合

(それ以上でも良い)で混ぜ

白玉団子と同様にお湯で茹でると

簡単に幼児用の団子が出来上がります。

 

もちっとした白玉団子よりも切れやすく

見た目はお餅と同じなので凄くお勧めです!

 

などと、料理のプチ情報なども掲載すると

保護者の方もすごく喜ばれると思います。

 

〇旬の野菜“ホウレンソウ”

ホウレンソウは

貧血予防に欠かせない鉄分や葉酸、

ビタミンCが豊富

さらに粘膜を保護して免疫を高めるビタミンA

も多く含んでいることから

緑黄色野菜の王様とも言われています。

 

ただ、“シュウ酸”などの

あく成分を多く含んでいるので

さっと茹でてから水にさらして調理します。

 

炒めたり、お浸しにしたり、

お味噌汁に入れたりと

いろいろな調理方法がありますが

ナッツやごまとの組み合わせがお勧めです。

 

ビタミンA、C、 Eがそろい

さらに免疫力を高めてくれます。

 

 

まとめ

 

出典元:https://www.google.co.jp/imgres?imgurl=

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はお正月遊びの中で

何が発達するのかをメインに記事を書く

遊びながら子ども達が学んでいる様子が

保護者に伝わって

とても良いクラスだよりに仕上がると思います。

 

毎日いろいろな仕事があって大変ですが

クラスだよりの作成頑張ってくださいね。