保育士の資格を持っていなくても、保育園で働くことのできる

 

それが”保育補助”のお仕事

 

保育士の資格を持っていないが保育に携わる仕事がしたい人

資格を取って保育士を目指す人にとって

とても魅力のある仕事ですよね

パートやアルバイトなど自分で働き方を決めて働くことも可能です。

 

さらに、保育士が不足している昨今

保育園にとっても居てくれるととてもありがたい存在となっています

そこで、「保育補助」の仕事について

その仕事内容や求められている役割についてご紹介いたします。

保育補助を初めてする人へ注意点

出典:https://www.google.co.jp/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwifjL-

 

保育補助を初めてする人に向けて

まずは保育補助とはなにか?から見ていきたいと思います。

 

保育補助の仕事・役割とは

保育補助の仕事内容は園によって変わってきますが

大きく共通しているのが

「保育の際に保育士のサポートをする役割」

であることです

 

サポートと言っても子供と一緒に遊んだり

小さい子ならオムツを変えたり、掃除や洗濯をしたり

保育士と変わらない仕事内容の園も多いです。

 

保育士だけでは手の届かないところを補ってもらう

といった認識が良いかもしれません

 

中には連絡帳や保護者対応も行っている園もあるので

”保育補助”というより

”短時間働く保育士”や”資格がない保育士”

といった見方が良いかもしれませんね。

 

実際にわたしの園の保育補助の方は

保育士と変わらない仕事内容で、

違いは”担任を持てるか”と”時間が短い”ことだけです

あと、お給料は違いますが。

 

なぜ保育補助でも仕事が内容多いでしょうか

それは昨今の保育士不足や保育園のニーズ多様化により

保育園側も多くの人材を必要としているのが

理由のひとつとしてあると思います。

 

人がいないと保育園は成り立ちません

保育士資格はなくても保育の仕事がしたい人

フルタイムは無理だけど短時間なら働ける人

など保育補助ができる人材を多くの園では必要としています。

 

保育補助として働く場合の注意点

保育補助のお仕事が初めての方も当然多いと思います

初めて保育補助として働く場合、重要な点の一つが

園が求める保育補助としての役割は何かです。

 

前述しましたが、保育園毎に保育補助に求める役割や仕事内容が違います。

保育士と同等の業務を任されることもあれば

子どもと遊ぶだけを任されたり様々ですので

採用前に保育補助が求められている役割を聞いた方がよいでしょう

 

「子どもを見るだけかと思ったのに保護者対応や事務もやることになった」

「保育士になるための経験積みたかったけど、子ども見るだけ」

など、あなたのニーズと仕事内容が合わないことも出てきます

 

実際に保育補助は保護者対応などは行えず(禁止)「こどもと遊ぶだけでいい」

など、明確に保育士と保育補助を線引きしている園もあります。

 

保育園によって、経験できることは大きく変わってきますので

保育園選びの際はくれぐれも慎重に行いましょう

 

保育補助でしてはいけないこと

出典:https://www.google.co.jp/url?

 

保育補助でしてはいけないことは保育園毎に異なります

注意点でも書きましたが保育園によって求められる役割が違います

保育士と保育補助としての仕事内容を明確に分けている園もあれば

保育士と同等の仕事内容を求める園もあります

 

採用された時に、仕事内容をきちんと確認して

自分が保育補助として行える範囲のことをしましょう

 

もし、仕事内容が自分の仕事かどうか迷ったら

保育士や園長と話し合って

仕事内容をもう一度確認するのもいいと思います。

保育補助のメリット

出典:https://www.google.co.jp/url?

 

最後に保育補助のメリットをいくつかあげたいと思います

 

保育経験が積める

園によって保育補助の内容は異なるとご紹介しましたが

”保育をする”のはどの園も共通しています

これから保育士を目指す人にとって、この保育経験が積めるのは

 大きなメリットではないでしょうか

また、働き続けながら保育士の資格がとれればそのまま正社員になれたり

 保育士資格を取るためにサポートを行ってくれる保育園もあります

 

働き方が選べる

保育補助はパートやアルバイトで募集していることが多いと思いますが

扶養内で働きたい、午前午後のどちらかだけ勤務したいなど

勤務時間や働き方を選べるのも大きなメリットだと思います。

最近は休日や早朝深夜に保育を行っている園も増えてきているので

自分の働き方に合った園が見つかりやすいと思います。

 

結び

保育士資格がなくてもできる保育補助のお仕事についてご紹介しました。

保育園によって保育補助の仕事内容や役割は異なりますが

間近で子どもたちの成長を感じることができるのは変わりありません

 

保育のお仕事に興味がある方

保育士の資格を目指して経験を積みたい方に

ぜひおススメしたい仕事です