幼稚園教諭や保育士として働き始め、

クラス担任を任されると

“クラス便り”というお手紙を作成し

毎月保護者に発送しなくてはなりません。

 

もちろん内容としては

クラス内での出来事が中心になってきます。

 

季節の挨拶文から始まり

その月にあったお知らせや

子どもたちの様子を盛り込んだ

各クラスのクラスカラーが

しっかり出るお手紙です。

 

今回は12月のクラス便りを作成するにあたって

少しでも参考になればと思い

記事を書かせていただきます。

 

12月の園だよりの季節感のある挨拶は?

 

出典元:https://www.google.co.jp/imgres?

 

やはり、12月といえばクリスマスでしょう!

そして、冬の寒さ年末に向けての挨拶です。

 

いくつか例文をご紹介いたします。

 

〇いよいよ師走、1年の終わりですね。

大人は年末に向けて忙しくなってきますが、

子どもたちにとっては、

サンタクロースがやってきたり、

餅つきをしたり、

お年玉をもらったりと

楽しい行事が続きますね。

 

〇毎年この時期には

家庭でも大掃除が行われますよね。

園でもおもちゃや棚など

子ども達がいつも使用しているところを

ピカピカに掃除をしていく予定です。

ピカピカになったら気持ちが良いことを伝え、

物を大切にする気持ちを伝えられればと思っています。

 

〇寒い日が続いていますが、

街ではイルミネーションが輝き、

サンタクロースがまだ来ないかと

子どもたちを楽しませています。

どんなプレゼントをお願いするのでしょうね?

 

〇「寒いなぁ…」と思っていたらもう12月。

いよいよ子どもたちがお待ちかねの

サンタクロースがやってくる季節になりました。

園でも子ども達と一緒に

クリスマスツリーの飾りつけを行い

気持ちが盛り上がっていますよ。

 

〇気温がぐっと下がり

冷たい風が吹く時期がやってきました。

風邪やインフルエンザなど

病気にならないように

手洗いうがいを徹底して行っていきたいですね。

 

〇冬の寒さなんて子どもたちはへっちゃら。

晴れの日には帽子をかぶって

友達と一緒に元気いっぱい戸外で遊んでいます。

 

〇朝登園してくるときにはコートを着用し

吐く息も白いですが、

遊んでいるうちに体がポカポカ温まり

薄手の洋服で元気いっぱい園庭を走り回る子ども達。

冬の寒さも子ども達にはかなわないようです。

 

〇冬休みを前に、

子どもたちはいろいろな話をしてくれます。

「おじいちゃん、おばあちゃんの家に行くよ」

「サンタクロースに〇〇をお願いしているんだ」

など、子どもたちにとっては

楽しいイベントが盛りだくさんのようです。

 

など、季節感のある言葉

子ども達の様子を盛り込んだ文章を

書きだしとして使用してみてはいかがでしょうか?

 

 

12月の園だよりの内容はどうする?

出典元:https://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http%3A%2F%2Fkids.wanpug.com%2Fillust%2Fillust2978.

 

挨拶文の次は内容になりますね。

11月にあった出来事や

12月の内容を盛り込んだ記事を作成していきます。

 

11月に行われた主な園の行事としては

〇遠足

〇作品展

などがあげられます。

 

また、12月の行事としては、

〇おもちつき

〇クリスマス会

〇発表会

などがあるでしょうか?

 

11月の出来事に関しては

 

動物園遠足に行き、

園に帰ってきてからも絵を描いたり、

粘土や廃材を使って制作をしたり、

各自が形に残して遊んでいます。

など、遠足がどうだったのか記載すると

保護者には子ども達の様子がよく伝わります。

 

また、Aくんが「〇〇」

Bくんが「〇〇」など

子ども達の発言をリアルに描くのも良いでしょう。

そこに“保育者として驚きや成長を感じた”

などと記載すれば、保育者と保護者で

子ども達の成長を共感することができます。

 

また、

散歩の途中で秋の自然物を発見しました。や

子ども達が持ってきてくれた

まつぼっくりやどんぐりを使って

こんな遊びをしました。など

秋の自然物とどう関わったのかなども記載すると

季節感が出てより良い文になると思います。

 

また、12月に行われることの予告や

発表会などへの取り組みの様子も

記載していきましょう。

 

子ども達が自主的に練習を行っている様子や

絵本などで関心を高めていること、

年末に向けて大掃除を行っているなど

11月だけの内容ではなく

12月にも関連する内容を

少しでも取り入れると

今後も保護者は楽しみが持てます。

 

12月の園だよりの内容を充実させるには?

出典元:https://www.google.co.jp/imgres?imgurl=https%3A%2F%2Fd36atwftrcmaqv.cloudfront.net%2Fwintersolstice_top.png&imgrefurl=https%3A%2F%2Fhoiclue.jp%2F1083.html&docid=nH1rjA9lmZhgDM&tbnid=gCz_Ahir1YCzBM%3A&vet=10ahUKEwiZvYfX17XeAhWJzLwKHWqzCjEQMwhaKAcwBw..i&w=560&h=420&hl=ja&bih=470&biw=1264&q=%E5%86%AC%E8%87%B3%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88&ved=0ahUKEwiZvYfX17XeAhWJzLwKHWqzCjEQMwhaKAcwBw&iact=mrc&uact=8

 

12月22日ごろは冬至です。

 

冬至といえばゆず湯とかぼちゃです。

 

ゆず湯には血液の循環を促進して

皮膚を丈夫にする効果があり

かぼちゃには

カロテンやビタミンを豊富に含んでいて

ともに風邪の予防になるとされています。

 

など、冬至の話を記載してみるのも

季節感が出て良いですね。

 

また、冬にかかりやすい

感染症のコーナーを設けるのも

一つの手ではないでしょうか?

 

〇感染性嘔吐胃腸炎

 

・ロタウイルス胃腸炎

流行性嘔吐下痢とも呼ばれる

感染性の胃腸炎です。

突然嘔吐し、白色の水様便になります。

下痢の回数が多く発熱を伴うこともあります。

0~2歳児で多く発症します。

 

・ノロウイルス胃腸炎

ウイルスが体に取り込まれてから

1~2日で発症します。

嘔吐、腹痛、下痢などが主な症状で

発熱することは少ないです。

幼児はと特に嘔吐が多く、

集団施設で大流行しやすいです。

 

ロタウイルス、ノロウイルスともに

感染力が強いのが特徴です。

嘔吐物や排便物の処理後の手洗いが不十分だと

感染が広まりやすいので

しっかり次亜塩素酸で消毒しましょう。

下痢がある間は登園は控え、

脱水症状に注意しましょう。

 

〇インフルエンザ

インフルエンザウイルスの感染によって

40度前後の高熱、悪寒、のどの痛み

せき、鼻水など風邪の症状が現れます。

発熱は通常3日~7日です。

インフルエンザの重い合併症として

肺炎インフルエンザ脳症などがあり

インフルエンザ脳症はけいれんや意識障害を起こし

後遺症が残ることもある危険な病気です。

 

※インフルエンザの予防接種について

厚生労働省の調査によると

6歳未満の子どもに対する

インフルエンザワクチンの効果は

20%~30%と言われています。

 

予防接種により

完全に防ぐことができるわけではありませんが

重い合併症を防ぐためにも

インフルエンザにかかるリスクを

少しでも下げるために

予防接種を受けることは

意義のあることだとされています。

 

このように、

〇どんな症状が出るのか

〇園にはどのように連絡するのか

〇登園しても良いのはいつからなのか

などお知らせしておくと

実際病気になったときに

焦らず対応することができます。

 

そして、手洗いうがいなど

予防対策も一緒に掲載すると

良いと思いますよ。

 

そして、余裕がある方は

冬休みの過ごし方

年末年始の過ごし方

大掃除を子どもに手伝ってもらうコツ

なども少しプラスしてみてはいかがでしょうか?

 

ほんの少し加えるだけで

ぐっと引き締まって

良い記事に仕上がると思いますよ。

 

まとめ

出典元:https://www.google.co.jp/imgres?

 

12月はいろいろな行事もあり

感染症などの病気対策も本格的に始まり

年末年始があり・・・と忙しい月に当たります。

 

子ども達の様子はもちろん記載するのですが

季節感のある記事も盛り込んで

オリジナリティあふれるクラスだよりになることを

楽しみにしています。